風水墓、天地石、お墓参り代行などお墓のことなら栃木県日光市の(株)新日本石匠へ。

納骨の作法

納骨のお作法

ずっと昔から日本人は、亡くなった方の「お骨」を土に還してきました。
(古き良き時代と同じ納骨法をお教えします)
*「火葬」が主流となった昨今、ほとんどのお骨は骨壺のまま納骨(お墓に納めること)しています。
これは、お骨にとって劣悪な環境を生む一番の原因です。
*骨壺のまま納骨してしまうと、骨壺の中に水が溜まり、お墓にカビが生えて、嫌な臭いを発します。そして、ずっと土に還れないまま何十年、何百年もの時を過ごすのです。


*人は母から生まれ、亡くなった母なる大地に還るのが自然
↓↓↓正しい納骨の方法↓↓↓
①僧侶、神主等の霊的理解のある人が立ち会います
②納骨堂の中を整え、中を線香の煙で清めます
③納骨する人は、白い手袋とマスクを装着します。(お骨を汚さないように)
④お骨に直射日光が当たらないように注意し、日蔭を作り、その中で作業します
⑤あらかじめ、縫っておいたさらしにお骨をあけ、こぼれないように、丁寧に包みます。
 (さらしの袋を作る場合もあり)
⑥納骨堂の中に、清らかな土を入れます。*納骨専用の土 販売しております
⑦写経があれば写経を敷き、その上にお骨を右から順番に並べ、土をかけます。
⑧土の上にも線香をあげ、納骨堂の蓋を閉めます。

この時、読経や祝詞など出来る人が近くで読経してくれれば、丁寧です。
詳しくはお気軽にご質問ください
〒321-2401 
栃木県日光市川室510 
フリーダイヤル:0120-08-8678 
TEL:0288-21-8911 
FAX:0288-21-8883