「乳がんからの大復活!主人のお骨を土に還してあげられました」 東京都 鈴木様 風水墓 調整工事のご感想
お問い合わせ・ご相談

「乳がんからの大復活 主人のお骨を土に還してあげられました」東京都練馬区 鈴木様

  • HOME
  • お客様体験談
  • 「乳がんからの大復活 主人のお骨を土に還してあげられました」東京都練馬区 鈴木様
まさかの出来事 乳ガンと宣告されて2年になり、今こんなに元気な私がここにいます。 
2008年9月、乳がんと宣告され目の前が真っ白になりました。 
まずやったこと、お墓を全面改造して、骨壷に入っているお骨を土に返しました。

がんになってしまった、これからどうしたらいいのか、先祖様のお墓参りと主人のお墓参りにいきガンを報告しました。
いつものように、亡き夫の墓の草取りをして、気になることが、石塔とブロックの間に、木が生えていた、何時も見える所をハサミで切っていたのだか、何故かその日はその木が気になり、根元まで抜こうと土を掘りおこしたところ、土の中から幼虫の卵が一つ、二つ、ここにも、ここにもといたのを発見し、結局その日は、根元まで届かず作業終了。 
主人の墓は、公園墓地で、お墓の中は全体がコンクリートでふさがれ、その中に骨壷が置いてありました。以前から、土に返してあげようと思っていましたが実行に移せないままでした。 
乳がんになり、幼虫の卵がきっかけに、墓を大改造する決心をしたのです。 

2006年10月15日、家族の見守る中 厳粛に儀式を行い お墓の改造開始。 
気になっていた木の根元が、石塔の下まではびこっていました。 
底のコンクリートの部分全部はがして土にして、炭を全体に引きつめ、お骨を置き、方位盤を、写経108枚、周りに水晶を置いて完了、骨壷の骨は、白いさらしに包んで、27年ぶりやっと土に帰すことが出来ました。 
お墓の上の部分の土は、健康に良いという黄色の土、その下に財運によいという赤い土を入れて、今まで石塔が、4段だったのだが、3段がいいということで、すべて鷹觜さんにお任せし明るいお墓が完成しました。 

この2年間を振り返って見ると、一度は、死を覚悟した私でした。 今こんなに元気になって日々活躍できている要因の一つに、第一に、お墓の改造をあげます。
プロセスとして、

1.以前から主人のお骨を土に返してあげようと思っていましたが、実行に移せないままでした。
2.乳がんという大変な病気になったことで、お墓の改造に気づき、実行。 
3.入院、手術、退院、その後の生活の前進的な大きな変化。 
4.乳がんになって、ありがとうと言える私が居ます。 

その後、古代ソマチットという土を家族全員でひきました。 
2人の孫は、練馬の家に来ると、「お墓に行こうよ」が初めの言葉になっています。 
この記事を読んでくださった皆様へ、何か病気、仕事等で心配なことがありましたら、お墓を見直してみてください。 
仏様がメッセージとして直してほしい、と伝えているのかもしれません。 
私の体験して、実践してきたことです。
私のホームページに、「前向きに歩んだ1年間」という小冊子、お墓の改造の事が書いてありますのでご覧ください。 
ホームページ http://www5.plala.or.jp/ksunoffice/

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応