天地石など純国産・天地石│株式会社新日本石匠
お問い合わせ・ご相談

純国産・天地石

  • HOME
  • 純国産・天地石

純国産

最近特に人気の高い
「国産墓石」ですが
中国で加工した物も
「国産石」として販売されています。

石のしんせきでは、日本国内で加工した国産石を「純国産」と呼び、区別しています。

天地石

天地石=健康な石

大工さんは柱を逆さまに付けません。
それは古からの知恵であり、日本人の常識でもあります。
自然の力に逆らわず、その力を生かすことで、より盤石な建物へと仕上げてきました。
石だって、木と同じ、地球からの恵みです。
生かすべき「天と地」がある。
天地石はそうした想いから生まれました。

天地石
天地石

やさと石限定 天地北斗の石

やさと石限定 天地北斗の石
やさと石限定 天地北斗の石

提携石種

提携石種
やさと石限定 天地北斗の石

大工さんは、柱の上下を逆に取り付ける「逆さ柱をしない」というのが常識です。
なぜなら、昔から「逆さ柱は、家運が衰退する。縁起が悪い。」と言われ、忌み嫌われる取り付け方だからです。
お客様の大切な家を建てる職人として、お客様の幸せを願うのであれば、表面から見えなくなってしまう柱まで神経を使い縁起の良い家を建てるというのが、「本当のプロの仕事」「顧客満足主義」というものだと思います。
では、お墓はどうでしょう?
お墓だって、お客様にとってはかけがえのない大切な建物です。
でも今まで、墓石をつくる時に職人が気にしていたのは・石の目が美しいか・傷はないか・歩留まりが良いか(無駄なく石を使うか)・地震に強い設計か・・・等という事が中心でした。
本当は、石にも当然上と下(天と地)があります。
しかし、石材業界では、一切気にしてこなかったのが現状なのです。
それに気づいた私は、愕然としました。
なぜなら現在の石の流通形態では、石の天地を気にしたくてもお墓の形になった時にはもうすでに「天地がわからない状態」なのです。
プロでも見分けはつきません。 石の天地を守ってお墓を造るため、流通から見直しました。
やっと完成した試作品を目の前にした時、何とも言えぬ「本物だけが持つパワー」のようなものを感じました。
新聞や雑誌にも取り上げていただき、今では墓石以外にも、お店の看板や建物の玄関など、用途が広がるばかりです。
工場に見本がありますので、ぜひお越しになって「本物」を体験してみてください。

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応