「子供に迷惑かけたくないから、お墓は自分で建てます」という あなたへ  風水 墓石 陰宅 墓相 
お問い合わせ・ご相談

「迷惑が掛からないように、お墓は自分達で建てておくから、何もしなくていいわ」

  • HOME
  • 風水まめ知識
  • 「迷惑が掛からないように、お墓は自分達で建てておくから、何もしなくていいわ」

子供たちに、こんなセリフ言った事ありませんか?

子供たちに、こんなセリフ言った事ありませんか?

団塊世代の人達に多い、この言葉は、子どものやる気を奪ってしまいます

言われた方は、正直複雑なんですよ

「なんか、オレたち信用されてないよね。」「どうせできないって、思われてるよね。」と思いながらも

 

「まぁ、やってくれるなら、その方がラクだよね。」「お金出さなくて良いなら、別にいいか。親たちの好きなようにどうぞ。」

という流れになりますよね

 

このような流れで建立されたお墓は「親たちが建てたお墓」という印象になります

親たちの「好み」で造った場合、子供達は愛着があまりわきません

たとえば、このような洋風のお墓の場合、「絆」や「愛」などと彫刻しているのを良く見ますが、良くないですよね。

「絆」を辞書で引くと、とてもお墓に刻めるような尊い意味ではありません

「愛」を刻んでしまた場合、「愛さん」という名前の女性にとっては、ちょっと恥ずかしいという事になるでしょう

 

そうすると、「親たちは、自分たちのお墓を好き勝手に作ったから、自分たちは自分たちのお墓を作ろう。別に樹木葬や散骨でも良いかもね。」となりがちです。

結局、大変なのは、かわいいかわいい「孫たち」になります

孫たちは「親夫婦と、お爺ちゃん夫婦は、仲が悪かったのかな?」と、いらないストレスを抱える事にもなるでしょう

 

核家族化が進んだ「いま」だからこそ、お墓が家族の「ご縁」を繋いでくれる

伝統的なお墓、特に風水墓には、家族の縁つなぎ効果があります

「家族が仲良し」「家族が集まれるところがある」

オシャレなお墓を建てるより、家族の人間関係が良好である事の方が価値が高いと言えます。

 

風水墓は「子が親の石塔を建てる」というスタイルです

「親が子を信頼する」「子供は運と徳を得て成長する」という、すばらしい仕組みになっています

 

 

「そうは言っても、うちの子は頼りないから・・・。」という人へ申し上げます

お互い様で~す!

親から見た子も、子から見た親も、完ぺきではありません

勇気を出して、相手に任せてみようではありませんか

親に信頼された子は、あなたが驚くほど「しっかり者」になります

 

お葬儀などでも、見た目「大丈夫かな?」というお兄ちゃんが、意外としっかり挨拶している。なんてこと、ありませんか?

 

お葬儀を出す事も、お墓を建てる事も、墓守をする事も、らくではありません

しかし「迷惑」とは思っていませんよ

本来、それらは子の務めであり、子は務めを果たしながら、親との今生(こんじょう)の別れを受け入れる心を育てるのです。

 

だから、「お墓」に関する仕事は、親と子で分担する必要があります。

どのように分担するのがベストか? それは、ご家族によって異なります。

 

無料相談をご利用ください。風水鑑定士と話すと、未来が見えてくると言います。

お気軽にご利用下さい(お電話又は、メール、お問合せなど)

0120-148-198  mail  intaku@fusuibo.jp

陰宅風水鑑定士 鷹觜夕月(たかのはし ゆうげつ)

 

 

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応