亡くなった人が望んでいること
お問い合わせ・ご相談

亡くなった人が望んでいる事

今はもう話せなくなってしまった・・・だからこそ聞きたい!知りたい!あの人の気持ち

あの人は何を望んでいるのだろう


あの人の為に、私にできる事は何だろう


あの人が私に伝えたい事・・・教えて欲しい

 

大切な人を亡くした時、こんな思いで頭がいっぱいになる方も多いでしょう

 

供養の方法を選択する時、これが一番大切な判断基準になります

大切な人が生きていない場合

 

もう話すことができない・・・そんな時だからこそ  何を思っているのか  何を望んでいるのか

 

残された私たちには、気になって仕方がない    ・・・そうではありませんか?

 

「こんなことなら、もっと話しておけばよかった」  「もっと一緒に過ごせばよかった・・・」   

 

「あの時こうしておけば・・・」と、過去を後悔する気持ちは、誰しも持つもの

 

それの気持ちは、我慢せずに出し切りましょう

 

溢れる涙と、故人を想うきもちを出し切ってください

 

後悔の想いを涙と共に出し切って、そのあとは・・・

合掌してください

 

合掌すると、人体の仕組みが変わります

 

それまで悲しみや後悔でいっぱいだった方も、

 

合掌によって感謝が出て来るはずです

 

大切な人が亡くなったとしても、その人の為に出来る事はまだまだあります

 

それが「供養」です   ちゃんと届きますから安心してください

 

葬儀も法事もお墓も、さまざまな意味があります

 

亡くなって、先祖になった人が願う事は・・・

 

それは、「子孫であるあなたの幸福」です

お子さんが先に逝かれた場合も「父・母が幸福でありますように」と願っています

 

だから、お墓やお仏壇のお参りをする時は「私は〇〇〇で幸せです」と報告する事が大切なのです

 

 

いま、辛い状況に方は「私は〇〇〇になるように、頑張っています!幸せがきます」と、言い切ってください

先祖が安心して、子孫の応援に入りやすくなります

 

お願い事ばかりしないでください

亡くなった後の世界は、かなり忙しいそうです  

五輪塔等の、きちんとしたお墓がある方は、「依代(よりしろ)」がある状態なので、余裕があります

 

しかし、石お墓を建ててもらって無い方や、奇抜な墓石の場合、依代(よりしろ)が無い状態なので

日々、自分の事で精一杯です。だから、お墓を建てない子孫の方は、その分何倍も気を使って供養してあげてください

 

 

お墓や仏壇の前などでは、決して、泣き言、恨み事や、他人の悪口などを言わないでください

お墓は、波動を増幅する機能があります

 

増幅した波動は、いずれ自分に返ってきますので、ご注意下さいね。

 

陰宅風水鑑定士 鷹觜夕月

 

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応