風水 墓石「先祖の建てた墓石」いつまで大切にすれば良い? 先祖に失礼にならない「お墓の管理」「お墓のリフォーム」
お問い合わせ・ご相談

「先祖の建てた墓石 大切にしなきゃ!・・・って、いつまで?」

  • HOME
  • 風水まめ知識
  • 「先祖の建てた墓石 大切にしなきゃ!・・・って、いつまで?」

墓石って永久にお参りすべき? 石に傷が入ったら? 石がボロボロになったら? 建て替えるのはバチあたりなのか?

墓石って永久にお参りすべき? 石に傷が入ったら? 石がボロボロになったら? 建て替えるのはバチあたりなのか?

何代か続く家の後継ぎさんから、よく聞かれるご相談です

「お墓」は、その家を表す象徴でもあり

親や先祖の残してくれたものでもありますよね

 

残してくれた「墓石」ありがたいんだけど・・・

周りのお墓がどんどん綺麗になっているのに、我が家のお墓は何だか古いなぁ・・・

でも、じいちゃん・・・苦労して建てた墓だって、言ってたな・・・

 

「どーなの?夕月さん!」「古いお墓どうしたらいいの?」

暗い雰囲気のせいか・・・子供達も、あまりお墓参り行きたがらないうちのお墓

せめて、もう少し明るい感じのお墓に直したいな・・・


でも、親戚には「先祖が残したものをそのまま大切にしなさい」って言われたんですよね
先祖の墓石を子孫が建て替えるのって、良くないの?

ご先祖様が怒ったりするんでしょうか?

 

はい!夕月がお答えします

風水鑑定士の夕月です

何代も続いているお家では、とても多いこのご質問

お寺の住職さんや、親の兄弟などのご親戚に聞いても意見が様々で

頭を悩ませているご家族がとても多いもの

先祖のものを大切にしたい気持ちはあれど、お墓の耐久性は、永久ではありません

 

建て替えに良いタイミングや、先祖に失礼にならない方法を整理してお話しましょう

 

お墓を建て替えるべきか否か・・・迷ったときの判断基準

①まずは、掃除してみる

 自分で行っても良いですし、安全点検も兼ねてプロにお願いするのもひとつです

お掃除だけでも、かなり明るい印象になります

 

 

②掃除が終わったら、壊れている所がないかチェック

 ・石に、傷やヒビ、カケ、変なシミなどが出来ていないか

 ・石が動いていないか・・・などよく見てください

もし、それらの異常箇所があった場合、建て替えるタイミングです。なるべく早く修理または、建て替えをお勧めします

時期に迷っている人は、ご相談ください intaku@fusuibo.jp   0120-088-678

 

墓石が傷ついていると、対応する場所の運が漏れ出してしまいます

 

③墓石の文字はきちんと読めるか

写真の様に、文字が読めない状態になっている場合、残念ながら墓石としての役割は果たしていません(魂の出入り口がありません)

ここまで古くなったら、墓石を建て替えても良いでしょう

 

④亡くなった人にとって、墓石を必要とする期間は「寿命」まで

現在の人々は、生活の乱れやストレスで、実際頂いた寿命よりも、早く亡くなっているケースがほとんどだと言います。

お墓は、亡くなってからお迎えが来る(寿命)までを過ごす「依代(よりしろ)」です

ですから、墓石が必要な年数というのは、人によってかなりの差があります

 

墓石を建てて、お参りするべき期間の目安は

33回忌・50回忌(50年祭)あたりが、妥当かと思います

という事で、傷などが入っていなくても

50年以上前の墓石は「供養じまい(弔いあげ)」をしても、問題ありません

もちろん、「魂抜き」は必要です

 

⑤墓石を建て替える場合、古い墓石を供養する事・・・これを「墓石供養」と言います

方法は2つ

・お焚き上げ(半日から1日かけて火で清め、砂状にする)

・お寺の永代供養

どちらが良いのかは、石によるので、お問い合わせください

intaku@fusuibo.jp   0120-088-678

 

最後に・・・お墓を建て直す事は「お墓の中興(ちゅうこう)」と言い

その家の運気を再度建て直す。とても縁起の良い事です

先祖の魂、子孫の魂、自分の魂、すべての魂が癒されるお墓を目指そうではありませんか

 

陰宅風水の技術がとても役に立ちます

ぜひ、利用してください

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応