風水で用いる「神獣」いろいろ 「四神相応」青龍・朱雀・白虎・玄武 「麒麟」「龍」についての効果解説
お問い合わせ・ご相談

風水で用いる「神獣」まとめ

「風水」は、「環境」です

 

環境を整える事で、健康になったり、脳や心を整えたりできる事から、風水は開運法として富裕層を中心に浸透してきました

 

環境を整える事が基本なので、何かグッズを購入した事で、人生に劇的な変化が起こる!なんて事は考えにくいと思いますが

「なぜか分からないけど、効果が出る」という場合があるのです

 

その代表的なものが「神獣(しんじゅう)」

神格化された動物です

 

「運」そのものを差す「龍」

まず、代表的なのが「龍」です

龍は、空想上の生き物で運氣そのものです

良い運が到来する事を「龍が来る」と言います

 

龍の種類も色々あり、爪が5本あるものは「五爪の龍(皇帝の龍)」として特別強い力を持つとされています(通常は3つの爪)

 

さらに、龍には9匹の子供がいるとされ、それぞれ個性的な力の象徴になっています

詳しく知りたい方は「龍生九子」と検索してみてください

 

 

 

四神相応(さまざまな霊障を避ける効果)

風水では、良い氣が集まり留まる「最良の土地」を「四神相応の土地」と言います

良い地形に神獣をあてはめて、表現しているのです

 

大きく環境を変える事ができない時、(建て替えや、引っ越しなどの予算が取れない場合)

風水師が用いる技術で、「住宅や、お墓に四神相応の神獣を祀る」というものがあります

四神を祀る事で、四神相応の土地と同じような招運効果や、魔除けの効果を得る為です

 

四神のそれぞれを簡単にまとめます

ここでは主に、魔除け(霊障除け)を中心に記載します

招運効果・開運効果についてはまた別の機会に・・・

青龍(東)

死霊からの霊障を避ける

死霊は肩から上に付く為、お墓や葬儀場などで受ける霊障は、頭痛や肩こりが多い

(脳梗塞や脳出血なども)

これらの健康障害がある人は、青龍を取り入れてみる

それで改善出来れば、それまでの頭痛肩こりは、霊障である可能性が高い

 

風水の悪い墓地・葬儀場・病院などに行って「なぜか頭が痛いな・・・」と感じる場合、この死霊による霊障が影響が原因だと考えます

 

朱雀(南)

生霊からの霊障を避ける

生霊は体の全面、特に胸部に付く(乳がん、気管支喘息、肺炎など)

妬みのエネルギーが、生霊の正体

美しい女性に、これらの病気が多いのは、生霊(ねたみ)のエネルギ―を受けているからかもしれません

 

白虎(西)

因縁による霊障を避ける

生霊・死霊からの念(恨み)は、腰や股関節付近に付く

生死問わず、相手が攻撃的な感情を飛ばしてくるタイプの霊障

 

もし心当たりがあるのなら、お墓で懺悔を捧げる事をおすすめします

機能しているお墓にはその家の先祖だけでなく、守護的存在がいらっしゃいます

心清らかに懺悔をすれば、解決のヒントを得られるかもしれません

 

玄武(北)

動物霊による霊障を避ける

脚に付くのが、動物霊(四つ足の霊)

家の高い所に動物の絵やぬいぐるみ等を飾っている家は、家族に動物霊が憑きやすくなる

人気のキャラクターなども、要注意

 

ペットを大切にする時代ではありますが、死後、人間の墓には入れてはいけない

分けた方がお互い幸せ

 

西洋医学で解決できる不調はそれでよいのですが、原因不明の病気もまだまだ多い現在

霊的障害を取り除く事で、改善されることも多いと聞きます

四神の力を試してみてはいかがですか?

石のしんせきでは、お墓や家に設置するタイプの

四神相応石盤を扱っています

興味のある方は、お問い合わせください

 

 

 

最後に麒麟!

麒麟は、平和の象徴です

 

麒麟は、志の高いリーダーが現れた時に登場すると言われています

そして、リーダーの目的達成の障害になる様々なトラブルを穏やかに鎮める事により、リーダーを助けます

運の入り口である玄関の守護神です

麒麟について詳しくは、ひとつ前の記事をご覧ください

 

風水鑑定士 鷹觜夕月

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-088-678

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応