終活と陰宅風水 -お墓はいつ建てるのが最良?ー
お問い合わせ・ご相談

終活と陰宅風水 お墓はいつ建てるのが最良なのか?

墓地を求めるのはいつが良いか? お墓を建てるのはいつが良いか?

墓地を求めるのはいつが良いか? お墓を建てるのはいつが良いか?

お骨の無い人にとって、お墓探しや、お墓建立は「緊急性の無い重要事項」

Aさん「誰も亡くなってないし、今すぐじゃなくても良いよね」

Bさん「今年は〇〇にお金がかかるから、お墓のことは後回し」

Cさん「子供や孫に迷惑を掛けないように、全部私たちの代でやっておきます」

 

どこかで聞いた事のある Aさん、Bさん、Cさんのセリフ・・・

それって、運氣上がらない考え方です

 

一番良くないのはCさんです

子供たちに、大変なお墓の事なんて頼めない?

親のお墓を建てるのは、大変多くの「徳分」を得られるチャンスなのに、それを奪ってはいけません。

「自分たちの事は自分達で」という考えは立派ですが、子供達を信じて「一部」だけでも仕事を残しておいてください。

 

頼まれた子供たちは「親から信頼されている。この信頼に応えられる人間になろう」と思えるのです。

「親からの信頼」というのは、子供にとって大変大きな生きる力となります。

大切なお子さんがいらっしゃるのであれば、その力を授けてください。

 

その力は、沢山の物やお金を残すより、偉大な効果をもたらします。

 

風水墓で、夫婦ごとに夫婦墓(めおとぼ)の建立を子に託すよう、おすすめするのは、そのような目的があります。

 

Aさんと、Bさんは・・・?

ズバリ!計画性が無いのです。

大切な事を後回しにする癖は、あなたを成功から遠ざけるでしょう。

「緊急性の無い重要事項」は早期に着手する必要があります。

そして、時間をかけて実行して行くと、最良の結果をもたらします。

 

これを後回しにしていると、いざ!その時が来た時に

「分からないから、これでいいよね」と言って適当な決断をする事になります

それで失敗したと後悔している人に何人もお会いしてきました。

もったいなくても、新しいお墓を壊して、風水墓に建て直した人が沢山いました

「初めから風水墓を知っていれば・・・」と言われます

知識は経済なのだな・・・。と思います。

 

しかし、素晴らしいのは、

「先祖の為に、本気で風水墓を建てよう!と決断すると、そのお金が用意できてしまう」という点です。

(これについては、また後日お話しましょう)

 

 

分家初代がやるべき「開運するお墓の準備」

 前置きが長くてすみません。ここで、やっと本題です

分家初代とは、次男や三男のように「本家」を継がない人

入るべきお墓が用意されていない人を言います。

(本家のお墓は、基本的には長男が継ぐというのが一般的です)

 

この「分家初代さんにオススメのお墓の段取り」を陰宅風水の視点からご案内します

ここでは仮に、「次郎さん」とします

 

次郎さんは、結婚をしてお互いの実家のあるA市に家を建てたいと思っています。

このA市には、次郎さんの実家のお墓もあります。

①実家の墓地の近く(なるべく同じ霊園)に墓地を見つけておきましょう

②墓地が手に入ったら、結界して他人が踏み荒らさないようにしましょう

③角墓標を建てて、お墓参りをしましょう

 

結婚前にここまでやってもOKです

墓石はまだ建てません

ここがポイントです!全部完了しないでください。

初代は、墓石を建てなくても良いので、なるべく広い墓地を求めましょう(5㎡以上が理想)(墓地を契約する前に風水鑑定を忘れずに)

ここまで準備してから、墓地の南方位に家の土地探しをすると、いろいろな事が不思議なほどスムーズに運びます。(家も、もちろん風水鑑定しましょう)

 

将来、初代の夫婦どちらかが亡くなった時、二代目の長男が親の石塔(ここでは五輪塔)を建てます。

そうする事で、二代目は、墓守として財運を得て三代目を育てる力を持つ事になります。

 

人生はプログラミングの様に、設定する事で、その通りの結果が出やすくなります。

 

ここでは大まかな流れを紹介しました。

実際お会いして、陰宅風水の技術を盛り込んだお話をすると、たいていの人はワクワクしてきます。

なぜだと思いますか?

先祖と共鳴している「基因」が喜びをキャッチするからです。

喜んでいるのは、あなただけじゃない!という事です。

 

陰宅風水は、意外なほど喜びで満ちています。

 

みんなが次郎さんと同じ条件ではないですよね。

「僕の場合はこうなんですけど・・・。」とか

「もう結婚しているのですが、どうしたら良いですか?」とか

「長男なのですが、転勤族で・・・。」とか、

お気軽にご相談メール下さい。昼間でしたら、お電話でも大丈夫です。

何なら匿名でもお受けしてます。

費用は無料です。(本当に無料で良いのですか?)と言われますが、本当です。

工事を頼まなくてもOKです!

 

電話の場合「風水の相談です」と言ってください。

店長が電話に出るので、私からおりかえします。9:00~17:00 

0120-148-198

陰宅風水鑑定士 鷹觜夕月(たかのはし ゆうげつ)

 

陰宅風水鑑定士

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応