風水暦第八運期【時代の流れに乗らない人】が成功する時期
お問い合わせ・ご相談

【風水暦第八運期】時代の流れに乗らない人が成功する時期

今は、全体的に運気が下がっていく 中運下弦の ど真ん中

今は、全体的に運気が下がっていく 中運下弦の ど真ん中

普通を目指している人は、その波に飲み込まれています

今日は「風水」らしい話です

小運気でみると

2004年~2023年は風水暦第八運期 

2024年~2043年までが第九運期となります

第9運期が終わると、第1運期に戻り、成長ムードに入って行きます

つまり、今は終わりに向かっているという事です。

この衰退ムードはあと25年ほど続き、勢いを増して行くでしょう。

嫌な話かもしれませんが、自然災害や、権力者の汚職問題、セクハラ・パワハラ問題はもっと表に出てきます。

 

日本人が大好きな「普通」

普通を目指して、安全・幸せでいられるのは、中弦(第4・5・6運期)の時のみ

時代に勢いがある時は、「普通」でも十分幸せです

しかし、衰退の時代で、まわりと同じ「普通」を目指していると、運氣は当然落ちていきます。

 

最近の、ほとんどの「普通でいいわ」と言っている人が、お墓や葬儀をないがしろにしています。「自分らしさ」という言葉をキーワードにして、自己中心的な供養のやり方を選んでいます。

「落ちていく時代は、「供養」が軽視されていく」という事がよく分かります。

 

時代の流れは

「冠婚葬祭にお金を掛けずに、オリジナリティを求め。私らしく済まそう!」

という方向に進んでいます。普通の人は、この流れに乗っています。

 

成功したい人は、この流れに乗ってはいけません。

この流れを乗り越えるか、逆行するかです。

 

成功者ほど、家族や先祖を大切にしている

じつは成功者ほど、失敗を経験しています

失敗というのは、多くが人間関係から来ています

 

本来、家族ほど、問答無用で味方になってくれる人はいません

その価値、ありがたさを理解しているから、とても大切にします

 

家族とうまくいかない人は、どのように修復すべきかを「自分の課題」にする事をおすすめします。(誤解や勘違いから、疎遠になってしまうケースが多いのですから)

取り組んでいくと、修復する価値があると、分かるはずです

 

家族といえども、素晴らしい人間関係を築くのは簡単ではありません

和気あいあいと付き合っている家族ほど、お互いを思いやり、家族の行事を大切にしています。

特に、お子さんや年配者のお祝いに関しては盛大にする傾向があります

 

お祝い事では、かなり新しい事を取り入れ

お墓や葬儀では、かなり伝統を重視する(本質を追求する)

そして、家族と一緒の時間を過ごす為に時間を造り、それを楽しんでいます

 

これが、私が出会った成功者の特徴と言えます

そして、いつも決断と行動が早くて驚かされます

 

 

そして、これが一番大切「何において、成功するのか」を決める事

あなたは、何で成功しますか?

仕事ですか? 投資ですか? それともお母さんとして?

私は○○において成功します!と宣言すると、先祖が応援に入りやすくなります。

 

陰宅風水が整っていれば、先祖の力は巨大な存在になるでしょう

時代の波よりも強い力で、あなたの成功を助ける事になるでしょう

 

陰宅風水の技術は少し取り入れるだけでも、人生は変化していきます

どの程度整えれば良いのでしょうか?など

ご質問はお問合せか、フリーダイヤル0120-148-198まで お気軽にお電話ください

 

陰宅風水鑑定士 鷹觜夕月(たかのはし ゆうげつ)

 

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応