お墓の地鎮祭 「風水墓石を建てる前の作法と意味について」地鎮祭をやらずにお墓を建ててしまった人はどうなるの?
お問い合わせ・ご相談

お墓もやりましょ!地鎮祭

家を建てる場合、「地鎮祭(じちんさい)」を行いますよね

家を建てる場合、「地鎮祭(じちんさい)」を行いますよね

忘れてませんか?お墓の地鎮祭

建物を建てるには、その土地を使わせていただかなければいけません

 

日本には、古くから「八百万の神(やおよろず)」がいらっしゃると言われています

神社だけでなく、山や川など、自然すべてに神(スピリッツ)が宿って、その場所をおまもりしているという考え方です

 

土地を守っている神様(スピリッツ)を「土公神様(どこうじんさま)」と呼びます

土公神様に「挨拶」をするのが「地鎮祭」なのです

 

着工は土用を避ける

昔から言われている「土用」は年に四回  この土用の期間には「工事着工」をすべきではありません

それは、「土公神様が活発になる時期だから」と言われています

 

神様やスピリッツは、普通、目に見えないんですけどね

見えないからこそ、礼を尽くせる人間でありたいものです

 

人間よりも、ずっと古来から存在している尊い存在に対し

礼を尽くすのは当たり前・・・というか、挨拶くらいしておいた方が良いですよね

我々は、「後から来た者」なんですから

 

たまに、「地鎮祭やらなかったら、どうなるんですか?」と聞かれる事があります

どうなると思いますか?

 

そんな時は、「地獄におちるわよ!」

なんて事は言いません(笑)

おひとり、おひとり、人生が違いますから、そんなこと分かりません

 

やらなかったら「悔いが残る場合がある」と思います

 

たとえば何か、ご不幸があった時に「あの時地鎮祭をやらなかったからかしら・・・」

と気がかりがずっと続いてしまう事になります

 

地鎮祭をしないという事は、挨拶もしないで、新たな領域に踏み込む事ですから、気持ちが悪いです

 

 

来月、地鎮祭デビューをする、スタッフの「しずちゃん」が発見しました

宇都宮店の「しずちゃん」です

しず「専務!きいてください!笑っちゃうんですよ(笑)」

夕月「どうしましたか?」

しず「来月、お客様の地鎮祭を担当するので、ネット検索してみたら、うちの社長の写真が出て来るんですよ」

 

しずちゃんのスマホをのぞき込む

夕月「えっつ?ほんとだ~(笑)」

 

お墓探しのポータルサイトに、弊社社長の写真が使われていたのです

 

なんて事でしょう!

 

光栄です(笑)

 

地鎮祭を行う事は良い事ですから、どんどん広めて頂きたいものです

 

石のしんせきが行う「お墓の地鎮祭」について

石のしんせきが行う「お墓の地鎮祭」は、主に2種類あります

 

①スタッフバージョン(無料)

担当営業か、現場の職人が行います

般若心経と祝詞を奏上した後、お客様に、木の鍬を用いて、「鍬入れ(くわいれ)」をして頂きます(立ち合い可能な場合のみ)

塩・洗米で土地を清めます(竹や縄は省略)

弊社の工事は、お客様が立ち会えない時でも、現場の職人が行っていますので、ご安心ください

風水墓だけでなく、一般墓の工事や小さい工事でも行っています

 

②空海密教バージョン(有料)

阿闍梨 鷹觜元海が行います

現場次第ですが、竹を四方に刺し、縄を二重に張り、幣束を垂らして結界を造ります

本尊と祭壇を用意し、お供え物もたっぷり捧げます

結界の中で護摩を焚き(護摩壇を設置)

お客様の

先祖供養・家族繁栄・健康・所願成就・事業繁栄・工事安全・因縁解脱などをご祈念致します

お寺の墓地の場合、住職さんの許可が無いと行えません
(住職さんとコラボで行ったときもあります)

 

「え?神主さんじゃないの?」と思う人も多いと思います

神主さんにお願いするのが一般的ですが

石のしんせきでは、神仏混合スタイル(空海密教)で行っています

 

神と仏を分けたのは、明治時代と言われています

その前の時代から伝わる作法にご縁があり、お力を頂いているのです

本尊には、こんな感じの幣束(色の並べ方が違いますが)を用意し、

式が終わったら、お墓工事にも使用します

 

地鎮祭が終わった時、お客様に質問する事があります

夕月「いかがでしたか?ご準備大変じゃなかったですか?」と聞くと

先日のお客様は

「なんだかすごくスッキリしました~♡」

「お護摩の炎の中に、色々な物が出てきて、すごかったです」と、喜んで頂きました

 

お墓が建った後に、もう一度、開眼護摩供養をご依頼いただいていますが

夕月としては、お客様の喜ぶお顔を見られるのが楽しみです

 

地鎮祭をしなくても、不幸になる事はありませんが

不幸と不作法と言うのは紐づきやすいもの

「お作法」は知ってて損はありません

お墓の作法を知って、あなたの幸運を呼び寄せてください!

 陰宅風水鑑定士 鷹觜夕月

 

ご相談・お問い合わせ

TEL0120-148-198

受付時間 9:00~17:00 定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応

受付時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
FAX 0288-21-8883 ※FAXは24時間対応